JAWS-UG熊本第9回勉強会「コンテナの可搬性って超(・∀・)イイ!!!」

2017-09-09(土)16:00 - 21:00

崇城大学SCB放送局 新市街スタジオ

熊本県熊本市 中央区新市街 4-7

Yoshihito Matsuoka Masashi Matsumoto 加藤司 石塚 隆博 Akito Soma Ayumi Yoshinori Yamanouchi + 6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

JAWS-UG熊本の第9回勉強会です。

今回の勉強会はコンテナがテーマで行います。
通常のサーバ仮想化とは異なる仮想化でアプリケーションの開発だけでなく運用もこれまでと比べて格段に便利になる技術です!
コンテナがある世界とない世界をハンズオンを通じて体験することでコンテナをより身近に感じていただければありがたいです!!

コンテナとは?

コンテナは、リソースが分離されたプロセス内で、アプリケーションおよびその依存関係を実行できる、オペレーティングシステムの仮想化の 1 つの方法です。コンテナを使用すると、アプリケーションのコード、設定および依存関係を、使いやすい構成要素に容易にパッケージ化できるため、環境の一貫性、運用効率性、開発者の生産性およびバージョンコントロールが実現します。コンテナを使用すると、デプロイメント環境に関係なく、迅速かつ確実に、また一貫してアプリケーションをデプロイできます。また、コンテナはリソースを細かくコントロールできるため、インフラストラクチャの効率性が向上します。
AWSサイトより「https://aws.amazon.com/jp/containers/」

対象者

クラウド技術に興味のある方
AWSに興味がある方
コンテナに興味がある方
JAWS-UGのコミュニティや活動に興味がある方 どなたでも大歓迎です!

プログラム

※時間は内容と会場の調整が必要なため仮となっていますのでご注意ください。

16:00 - 開場、受付
16:30 - オープニング

  • セッション

コンテナハンズオン (JAWS-UG コンテナ支部 戸田さん)
今回はRuby on Railsを使用したWebアプリケーションで、実際にコンテナがあるときとないときの環境構築や本番環境へのデプロイ、アプリケーションのバージョンアップをステップバイステップのハンズオンで行います。
※参加者の方はAWSのアカウントとローカル環境のDockerが必要となります。

https://github.com/Thiro1123/KumamotoJawsUgHandson/blob/master/KumamotoJawsUg170909Handson.md

  • LT
  1. 相馬さん
  2. 松本さん
  3. 多田さん
  4. 岡崎さん

21:00 終了予定

終了後懇親会を予定しています!申し込みは本編申し込みのアンケートにてお願いします。

コミュニティについて
JAWS-UGくまもと

JAWS-UGくまもと

熊本にあるAWS(Amazon Web Service)のユーザグループです。熊本支部主催のAWSイベントを中心に開催していきます。

コミュニティに参加